DHAは魚ではなく、藻類から産生される

DHAと言えば、脳や網膜をはじめとする神経系にたくさん含まれている栄養素であることが注目され、DHAを食べると頭が良くなるなどとも言われて人気となりました。一般的には、青魚などに豊富に含まれていると考えられてきましたが、実はその源は藻にあることが明らかになりました。今回はこのような藻に含まれるDHAの有効性についてお話します。

魚に多いDHA

魚の脂肪を構成する脂肪酸には、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が多量に含まれています。人間をはじめとする脊椎動物にとって、DHA・EPAは必須脂肪酸と呼ばれ、外から補う必要があります。その摂取源として注目されたのが、魚のオメガ3の脂肪酸であるEPAやDHAです。

魚介類に含まれるDHAの多くは、ラビリンチュラ類の1属である シゾキトリウム(Schizochytrium)属などのような微細藻類によって生産されたもので、食物連鎖の過程で魚の体内に濃縮されたものであるとも言われています。DHAやEPAは、イワシやサバ、サンマなどの青魚に特に多く含まれていると言われていますが、これらの青魚はDHAやEPAを自らの体内で合成することができないのです。このような魚にたくさんDHAやEPAが含まれているのは、魚がEPAやDHAを含む藻や微生物をえさとして食べ、食物連鎖によって蓄えた結果なのです。

魚の脂肪が良い理由

通常脂肪酸はそのまま体の中に取り込まれますから、魚がEPAやDHAを含む藻を食べると、魚の体内でEPAやDHAを含んだ脂肪となり、蓄積されます。

一方、鶏や、豚、牛が肥料として食べている大豆、コーンなどにリノール酸が豊富であり、人間は主にお肉からリノール酸やαリノレン酸などを摂取しています。実はリノール酸やαリノレン酸などを摂取することで体の中でDHAなどへ代謝する力を持っているので、お肉を食べても多少のEPAやDHAを摂ることは可能です。しかし、これらお肉に含まれるリノール酸などからDHAを代謝する場合の変換率は、極めて低いため必要量をまかなうことができません。

結果として、お肉から摂れると言うものの、魚に含まれるものの方が圧倒的に摂取率が高く、効率よくEPAやDHAを摂取することができるのです。

DHAを作り出す藻類 – ラビリンチュラ類について

ラビリンチュラ類とは、従属栄養性の微細藻類です。細胞核をもち、細胞器官のミトコンドリアも持っており、酸素呼吸をするのが特徴です。ラビリンチュラ類は葉緑体を持っていませんが、コンブやワカメと近縁関係にあります。コンブやワカメの祖先はもともと色素体をもっておらず、別の生物を取り込んで光合成の機能を備えるようになったのです。そして、コンブやワカメの祖先のうち、色素体を取り込まずに進化したものが、ラビリンチュラになりました。

ラビリンチュラ類は、亜熱帯から熱帯にわたるマングローブ域に豊富に分布することが知られています。ラビリンチュラ類の捕食は食作用によらない細胞外消化吸収です。細菌類や真菌類、水棲の多細胞植物などを細胞表面で消化し、吸収した栄養分は細胞内に油滴として蓄積されていきます。そしてラビリンチュラ類の細胞内主要PUFAは、どれも大変高いDHA値となっています。このような藻があるからこそ、魚の脂肪もDHAが多くなるというわけです。青魚は、DHAやEPAを合成することができませんので、このようなラビリンチュラ類に含まれるものを脂肪に蓄えているのです。

オイルを産出する藻類と活用

藻類と油。一見、ピンと来ない組合せに思えます。実は細胞内で脂質を産出する藻があるのです。特に注目されているのものとして、シゾキトリウムやボトリオコッカスが挙げられます。
 

シゾキトリウム(Schizochytrium)

シゾキトリウムはDHAを産出することで注目されています。シゾキトリウムは、海産ないし汽水産の微細藻類で、光合成をせず、有機物を吸収して増殖します。コンブやワカメなどの褐藻類や珪藻類などの不等毛植物に近いラビリンチュラ類ヤブレツボカビ科に属することから、従属栄養藻類とよばれることもあります。DHA(ドコサヘキサエン酸)などを産生することが判り、ここから直接DHAを取り出すことができる技術が開発されています。

ボトリオコッカス(Botryococcus braunii)

ボトリオコッカスは、湖沼に生息する緑色の藻類で、多数の細胞が集まって、不動の群体をつくっています。ボトリオコッカスは、炭化水素のオイルを産生することで知られており、オイルは細胞外マトリックスに豊富に含有されているほか、細胞内に油滴の形で存在しています。代表的な炭化水素の1つに、ボトリオコッセン(botryococcene; C34H58など)があり、石油や石炭の代替資源として有望視されています。細胞から脂質を取り出して化学反応させることで、オイルを得ることができ、研究が進められています。

このようなオイルを産出する藻が大変注目され、多岐にわたる活用法が検討され始めています。